図書館蔵書検索
本の詳しい内容 


書誌番号 31940
請求記号 369-ミ
書名ヨミ ドシャドメブギョウ
書名 土砂留め奉行 河川災害から地域を守る
著者ヨミ ミズモト,クニヒコ
著者名 水本 邦彦∥著
叢書名 歴史文化ライブラリー 
叢書番号 550
副叢書名  
副叢書番号
原書名
ISBN 9784642059503
ISBN SET
国名コード JP
言語コード jpn
出版地 東京
出版者 吉川弘文館 
出版年 2022.6
ページ 223p
サイズ 19cm
価格 1700円
注記 機器種別 : 機器不用 ; キャリア種別 : 冊子 ; 表現種別 : テキスト ; 文献あり ; NDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
件名 土砂災害--防災--日本--歴史--江戸時代
奉行 淀川 大和川
内容 淀川・大和川水系の土砂流出現場を巡回した、江戸時代の「土砂留め奉行」。彼らの残した日誌や御触書、絵図資料から、山地荒廃の実態や土木工事の様子、奉行の所属藩や権限について解き明かす。
内容紹介 淀川・大和川水系の土砂流出現場を巡回した土砂留め奉行。彼らの残した日誌や御触書、絵図資料から、山地荒廃の実態や土木工事の様子、奉行の所属藩や権限について解明。災害と人間社会の関係を歴史のなかで考える。
著者紹介 1946年、群馬県に生まれる。1975年、京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、京都府立大学・長浜バイオ大学名誉教授、文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
目次
書評
記入者  
記入日
賞名
所蔵数 1
貸出可能数 1
貸出累計 1
  
Amazon.co.jp
で詳細を見る

タイトル 著者 ページ
土砂留め奉行と出会う―プロローグ  
奉行の日記・庄屋の日記(土砂留め奉行の廻村日記/庄屋の日記/高槻藩の土砂留め奉行)  
土砂留め制度(制度の始まり/前史と制度の特色/土砂留めと領主権)  
はげ山・土砂留めの景観(はげ山と草山/近江国栗太郎の土砂留め/土砂留め場絵図)  
課題と献言(郡山藩の下役文書から/土砂留めと村・百姓/効果と献言)  
改革の諸相(下付金・入札・国役/幕府役人の巡見と改革/町奉行所の土砂留め)  
「土砂留め」から「砂防」へ―エピローグ  

登録番号 請求記号 貸出区分 蔵書区分 所蔵館 配架場所 所蔵状態 貸出状況
0011031479 369-ミ 通常 図書 - 一般図書 本館 開架 所蔵  



検索指定に戻る



Ver 17.5